シェアする

電動自転車の上手な選び方

電動自転車が欲しいけど、いっぱい種類がありすぎてどうやって選べばいいか分からない、そんな人に電動自転車の選び方についてご紹介します。これから電動自転車を選ぶ人はぜひ参考にしてみてください。

電動自転車の選び方

初めての電動自転車をどうやって選べばいいのか分からない。人気のあるものを選んだり、メーカーや目的、価格などで選ぶと良いでしょう。電動自転車といっても、たくさん種類があるので迷ってしまいますからね。

もし、すでに自分が欲しいと思っている電動自転車がある場合は、それと比較して選んでみるのも良いかしません。

電動自転車のメーカーは?

電動自転車のメーカーはいくつかありますが、電動自転車の種類を多く扱っているのが「ブリヂストン」「ヤマハ」「パナソニック」の3社になります。

ブリヂストンの電動自転車


ブリヂストンの電動自転車は「日常・通勤/通学・子供乗せ・クロスバイク・小径車・ユニバーサル自転車・ビジネス車」などの種類があります。

この電動自転車は2つのタイプに分かれています。1つめは両輪駆動で前輪にモーター、後輪にベルトドライブの両輪駆動になっています。

前輪はモーターの力で後輪は人の力が働くタイプになっているので、「前から引っ張られる」感じでとても楽に自転車をこぐことが出来ます。

2つめは車体の真ん中にモーターが設置されています。後輪に人の力とモーターの力が働くタイプになっています。

後ろから押してもらってる感じで、電動自転車がこげるので坂道などの傾斜がある道も、とても楽にこぐことができます。

ヤマハの電動自転車


ヤマハの電動自転車は「スタンダード・ファッショナブル・ファミリー・シティ・スポーティ」などの種類があります。

この電動自転車には3つのセンサーが付いています。1つめは「クランク回転センサー」で、ペダルの回転を感知します。

2つめは「トルクセンサー」で、ペダルを踏む力を感知します。3つめは「スピードセンサー」で、走行中の車速を感知します。

この3つのセンサーのおかげで、電動自転車のこぎ出しもスムーズになるし、平地でも自然にこぐことが出来ます。

急な坂道だって大丈夫、全力でアシストしてくれるので電動自転車を楽にこぐことが出来ます。

パナソニックの電動自転車


パナソニックの電動自転車は「ショッピング・子乗せ・進学/通勤・スポーツ&ファッション・回生充電・ビジネス」などの種類があります。

この電動自転車には車種ごとにそれぞれ違った特徴があります。例えば「バッテリー容量の多いフルスペックモデル」や「20型の最軽量モデル」など自分の使い方に合わせて選ぶことができます。

普段使いはもちろん、通勤・通学の電動自転車もおしゃれでカワイイものがたくさんあります。

電動自転車の活用シーン?

普段どのように電動自転車を使うかによって、選び方が変わってきます。近所の買い物で使うなど日常生活で使う場合と、学校や会社などの通学や通勤で使う場合では走行距離が違ってきます。

なので、電動自転車の使い方によってバッテリーの量で選ぶと良いでしょう。それぞれの車種や走行モードによって多少違いがありますが、大体こんな感じというのを表にしてみました。

バッテリー容量 6.6Ah 12.3Ah 15.4Ah
1回充電の走行距離 約26km 約46km 約57km
充電時間 約3.0時間 約3.5時間 約4.0時間

例えば毎日3kmくらい電動自転車を使う場合だと、3km×1週間で21km、30日だと約90kmになります。なのでバッテリー容量が6.6Ahあれば、週に1回だけ充電すればいいので普段使いする人は6.6Ahくらいがいいですね。

電動自転車の価格は?

電動自転車を選ぶ時に気になるのが価格ですよね。やっぱり安いのがいいって人もいるだろうし、良い機能が付いてれば値段は多少高くても大丈夫って人もいると思います。

今の電動自転車は安いモノでも大体5万円くらいからの価格になってきます。

値段が上がるごとに、バッテリーの容量が多かったり、便利な機能が付いていたり、おしゃれなデザインのモノになったりします。

どうしても安い電動自転車が欲しいという人であれば、最低限必要な機能を兼ね備えたモノを選ぶのがいいですね。

電動自転車を選ぶときは

初めての電動自転車を選ぶ時は、まずいくらくらいまで出せるかを決めておきます。

それから自分が普段どのように使うか、目的を考えてからその使い方に必要なバッテリー容量を計算ししてから選ぶことをおすすめします。

たくさんある電動自転車から選ぶ場合、始めにいくらまでの金額なら出せるかを決めておかないと、いっぱい電動自転車を見過ぎてどれがいいか分からなくなってきます。

なので始めに値段を決めてから目的を選んでいくことが大事なのです。

これから電動自転車を選ぶ人は「2017年おすすめの電動自転車を徹底比較」も参考にしてみてください。

フォローする