シェアする

電動自転車に乗る前に知っておきたい自転車保険

電動自転車に乗る前に知っておいてほしいのが、自転車保険です。最近では自転車の事故も多く、高額な賠償責任を課せられるといった事例がいくつもあります。

自転車保険の義務化

最近では自転車による事故が多く、自転車保険に入ることを義務付けられている地域がいくつかあります。

現在は兵庫県と大阪府と滋賀県だけですが、これから全国的に自転車保険の加入が義務付けられるようになるかもしれません。

主な自転車保険とは

自転車保険もいくつかあるので、主な自転車保険会社を少しピックアップしてみたので比較してみてください。

保険会社 商品名 保険料(年間) 賠償責任補償 示談代行 入院保険金(日額)
DeNAトラベル 自転車の責任保険(基本コース) 3,600円 最大1億円 1,000円
au損保 自転車向け保険 Bycle(ブロンズ) 4,150円 最大1億円 4,000円
三井住友海上 ネットde保険@さいくる(Cコース) 3,990 最大3億円 4,000円
東京海上日動 eサイクル保険(Bプラン) 3,650円 最大1億円 3,000円

どの自転車保険も賠償責任補償が最大1億円あるので、どのプランを選んでも安心です。

自転車保険料をできるだけ安くしたい人はDeNAトラベルの基本コースがおすすめです。年間3,600円で最大1億円の補償が付いてるのでお得です。

もしもの時にしっかり備えたいという人は、三井住友海上のCコースがおすすめです。最大3億円の補償があって、入院保険金も日額で4,000円貰えるので、もしもって時にとても助かる自転車保険になってます。

自転車保険をもっとお得に

実は自転車保険をもっとお得に入ることができるんです。それはクレジットカードにある自転車保険(個人賠償責任保険)のプランを選んで加入することです。これは各クレジットカードによって内容が違ってくるので少しご紹介したいと思います。

カード会社 商品名 保険料(月払) 賠償責任補償 示談代行
JCBカード トッピング保険(日常生活賠償プラン) 1,800円/年(150円/月) 1億円
三井住友VISAカード ポケット保険(自由設計コース) 3,120円/年(260円/月) 1億円
イオンカード 日常生活賠償プラン Cコース  3,240円/年(270円/月) 1億円  〇
セゾンカード ご迷惑安心プラン 3,600円/年(300円/月) 1億円 ×(弁護士電話相談サービスあり)

各クレジットカード会社の自転車保険(個人賠償責任保険)の月額は大体150円~300円なので、始めに紹介した自転車保険会社に加入するよりも安くなります。

特におすすめなのが保険料が安く、賠償責任補償や示談代行がしっかりしているJCBカードのトッピング保険(日常生活賠償プラン)です。

もしもの時にしっかりサポートしてくれるので、安心して自転車に乗ることができます。

自転車保険よりも安い

以前よりも自転車事故が増えている今では、自転車保険に加入する人も多いです。

前まではあまり気にしていなかったけど、ニュースなどで「賠償責任1億円の判決が出ました」とか言ってるのを聞いたら自転車に乗るのが怖くなってきますよね。

なので、最近では自転車保険に加入する人が増えているんです。

だけど、わざわざ自転車保険に加入しなくても、すでに持っているクレジットカードに自転車保険(個人賠償責任保険)のプランがあるかもしれないのでまずはチェックしてみてください。

もし、持っているクレジットカードのプランで自転車保険(個人賠償責任保険)に加入することができればとっても安い保険料ですむのでお得ですよ。

これから電動自転車を選ぶ人は「2017年おすすめの電動自転車を徹底比較」も参考にしてみてください。

フォローする